2013年9月3日火曜日

3. ブラックバーン戦

三戦目は対ブラックバーン。現実では17位だったが、ゲームの中では優勝候補で、実際に強い。この強敵に勝てるようであれば、今回のプレイに期待が持てるという意味で、いい相手だ。

ところで、うちのチームは失点が多い。それはひとえに、DCの足が遅くて、相手の足の早いFWやワイドミッドフィルダーにきりきりまいにされるからだ。そこで、今回から5-3-2のフォメを採用し、足の遅いのを真ん中、それなりに早いのを脇に配置した。DC二人だとゴール入れられ放題だが、三人だとまだましではないか。戦術はカウンターにして、ラインも少し低めにした。


これだけ準備したにもかかわらず、14分にこちらのミスから先制される。一点ビハインドのまま前半終了。こちらのチャンスはゼロで、シュートも一本。後半からはプレスとタックルの設定を強めにして、様子を見るが、いかんせん選手の連携が取れていないのか、簡単なパスミスが多い。


85分にペナルティを取られ、それを決められて終了。守備はなんとかなっていたが、連携が確立されるまでは負け続ける予感がする。となると、いまのうちにできるだけ強豪と当たっておきたいところだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます