スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2014の投稿を表示しています

2014W杯を終えて

少しというか、かなり遅くなったけれど、今回のワールドカップについて一言二言。

今回は、GKが大活躍した大会としてみなの記憶に残るだろう。超人ノイアーのほか、シェフィールドウェンズデイで使っていたメヒコのオチョアが活躍した。

自分がゲームで使っていた選手が実際のW杯で活躍すると嬉しいものだが、今回はオチョアのほかに、クアドラードが活躍した。

さて、今回は完全な失敗に終わった日本代表。個々の試合の分析は「サッカー店長のつれづれなる日記 ~戦術は浪曼だ!~」などを参考にしてほしい。ここでは、全体として見た場合何が悪かったのかを考えてみたい。これについてはウェブで数十から百の記事を読んだが、主に以下の原因が考えられるようだ。


1.コンディションの調整の失敗

要約
ブラジルは広いので、夏と言っても南半球では寒く、赤道付近では暑い。日本代表は涼しいところでキャンプを貼ったが、試合は暑いところだったのでフィジカルコンディションが悪かった。

以前、このブログで、「日本がGL突破できるかは、1.選手の頑張り、2.相手の対策、3.こちらの対策にかかっている」と書いた。ここでは、コンディション調整については書かなかった。というのも、コンディションをきちんと整えるというのはスポーツにおける最低条件であって、わざわざ指摘することではないからだ。試合にコンディションを整えてくるというのは、あまりに当たり前のことなのだ。実際、ぼくのプレイでも、つねにコンディションが最高の選手を使えるように選手を必要なだけ獲得している。

日本がコンディション調整で失敗したというのは、要するに大人の戦いに必要な準備をするのに必要な心理的な準備ができていなかったということだ。あまりにも幼稚なミス。ちなみに、ドイツはブラジルにわざわざ自前のキャンプ場を作ってW杯に望んだ。日本は、日本企業があるからという理由でキャンプ地を選んだ。結果は見ての通りだ。


2.選手間の不協和

要約
本田がザッケローニに気に入られて、王様のように振る舞うようになった。結果、ほかの選手との間に不協和音が生まれ、派閥ができてしまっていた。

これはほんとかウソかわからないけれど、ありそうな話だ。あれだけの回数の親善試合をこなして望んだW杯で、連携不足を露呈した日本。その原因のひとつがこれかもしれない。これは、監督の選手マネージメント不足だ。たとえ選…