2013年9月2日月曜日

2. チャールトン戦

二戦目の敵はチャールトン。一回目のプレイでは負けた相手だが、基本的にはそれほど強くないはずだ。

スカウトしてみても、相手にそれほど怖い選手はいない。フォメは4-4-2らしい。FW二人はどちらも高さしかないので、こちらのDCも高いのをそろえる。こっちの戦術は4-4-2で、プレス強く、ロングボール多用。

前半6分、相手の見事なパス回しから先制点を取られる。12分には二点目も取られる。ロングボールが前線にうまく回らず、ことごとくカットされている。なので4-2-3-1にして、ショートパスにする。二点目は相手のカウンターから走り負けたので、戦術をコントロールから普通ににして、ラインを下げる。

(はじめの二点は足の速いこいつにとられた。この試合が初起用なのでノーチェックだった。)

後半、3-5-2ダイヤモンドでショートパス主体で攻めるが、一点も返せずに終了。


試合開始時点で、相手のラインアップに変化がないかを確認しておけば、この敗戦は避けられた可能性が高い。悔やまれる取りこぼしだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます