2013年9月18日水曜日

20. バーンリー

20戦目の相手はいま五位につけているバーンリー。FWのCharlie Austinはいまリーグ二位の得点11をあげている。4-4-2に対し、3-5-2でいく。

20分に先制。Amanatidisのシュートをキーパーがはじき、そのこぼれ球を怪我明けのYesteがつめた。28分には同点につめよられるが、37分にMcCabeのロングスローをジェラがヘッドで決めて逆転。McCabeにロングスローのプレイスタイルを覚えさせておいた甲斐があった。最近、覚えさせたプレイスタイルが徐々に効き始めている。

後半、相手は変則的な5-3-2に代えた。が、守備的な展開のため、どちらもシュートをほとんど打てない。相手が一度あった決定的チャンスを外し、そのまま試合終了。今回、いままで三試合連続で得点していたSkacelはどの得点にも関わらなかったが、違うメンバーが活躍してくれた。いい感じだ。


シュート本数はほぼ互角だが、相手は枠内一本なのに対し、こちらは六本。うちにしては珍しく、枠内シュート率の高さが結果に直結した。枠内シュート率なんて、連携とかに関係ないのに、チームの調子がよくなると率がよくなってきた。


20試合終わって12位。六位ワトフォードとの差はわずか6ポイントなので、今後の頑張りによっては昇格も狙える。いまは、序盤の苦戦が嘘のように調子がいい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます