2013年9月25日水曜日

29. ブライトン

リーグ29戦目は対ブライトン。いま五位につけているチームだ。今まで五回しか負けてない。4-3-3ウィングでくるので、4-2-3-1でいく。

今回は、素早さの高いメンバーを選んで先発させる。すると、前半はこちらが60パー支配して、七本シュートを打つも無得点で0-0。後半も支配するが、まったくシュートが打てなくなる。唯一のチャンスもVelikonjaがヘディングを外してしまう。

思うに、こちらが試合を支配しているときは、高速FWはよほどスルーパスがうまい相棒がほかにいないとあまり役に立たない。なので、代わりにジャンプ力のあるCarewを起用する。これが交代三枠目だったが、背に腹は代えられない。すると、74分にDel Hornoの斜め後ろからのクロスに彼が見事に頭で合わせ先制する。こんなに読みと采配がぴったり当たるなんて、滅多にないことだ。78分にはゴール前のFKをGablilondoが直接決めて2-0とする。彼はこれがうちで初めてのゴールだった。そのまま試合終了。


相手は中二日の連戦のレギュラーが多く起用されていたこともあり、完勝といっていい内容だった。上位相手にここまでやれるのなら、今季の昇格を狙えるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます