2013年9月7日土曜日

7. カーディフ

七戦目は対カーディフ。このチームはいま二位につけていて、リーグ得点王の左MF、C. Bellamyがいる。レギュラーのFW二人は前節で怪我をして欠場だが、大勢に影響ないだろう。つまり、勝てない。

相手は4-4-2フラットで、こちらは5-3-2。相手はベラミーをFWで使ってきた。そしたら、前半はなんとこちらがシュート6本、相手は0本という結果になった。5-3-2機能しすぎ。だが、シュートチャンスがあっても、まず決められない。引き分けが妥当な結果だろうと思いつつ後半突入。

相手は4-3-3ウィングに変えてきた。すると、5-3-2に対して相性がいいのか、今度は一方的に押し込まれる展開。なんとか耐えていたが、こちらは押し込まれた状態で、なおかつ自陣でイージーなパスミスをするようになった。このままでは確実に負けるので、攻撃的な4-2-3-1にする。しかし、フォメを変えたすぐ後の84分に簡単に失点。守ってもダメ、せめてもダメ。


パスミスの多いDF陣を大幅に入れ替えないとこれは勝てるようにはならない。しかし、冬の移籍市場が開く1月までもつのかどうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます