2014年2月10日月曜日

4. ストーク ホーム

FWはうちは四人登録してローテで回すのだが、そのうちの一人、Altidoreが使えなさそうなので、急遽ホームグロウン属性を持つFWを獲得することにした。一試合見ただけで使えないと判断するなよ、と言われるかもしれないが、なんせ移籍期間がもう閉じてしまうので、判断に時間をかけられない。それに、ホームグロウン選手なら登録に空きがあるので、取っても邪魔にならない。

うちに来てくれたのはウェストブロムにいたShane Long。昨シーズンは37試合に出て、14点取っている。


肝心のプレイスタイルは、「ドリブルをする」「ファーストタイムショットを打つ」なんかを持っているので、きっと使えるだろう。こいつは、セカンドトップではなく、純粋なストライカータイプだな。オフザボールが高いので、「オフサイドトラップを破る」を覚えさせたら、ワントップでも使える選手になるだろう。


コーチもそう思ったらしく、珍しくこちらの提案に反対しないでゴーサインを出してくれた。あ、監督はクロアチアの女性監督、Tihana Nemcicという設定にしてあります。好きなチームはバルセロナ。好きなショーツの色はピンク。

-------------------------------------------------------------------------

プレミア第四節はホームでストーク戦。4-3-3ウィングに4-4-2ダイタモンドで挑む。すると、シュート二本しか打てず、後半ロスタイムにオウンゴールで失点して負ける。相手のシュートは12本で、それも一本も入らなかった。

4-4-2ダイヤモンドは、どうやらあまりに守備的らしく、攻撃のときにあまり選択肢がない。しかも、守備もそこまでいいわけではない。というわけで、4-2-3-1にフォメを代えて、やりお直し。

すると、前回は前線からのバックパスでロストというシーンばかりだったのだが、ボールが少し前に進むようになる。


前半ロスタイム、ストラクルルシのクロスに清武が合わせて先制。


69分、清武のフリーキックにミニョーが合わせて得点。これ、フリーキックを貰える位置にまでボールを運べていたから、FKを得られた。

4-4-2DAだと、ボランチが一枚なので前の選手を守備に回す必要があった。そのせいで攻撃が停滞していたのかもしれない。4-2-3-1だと、ボランチが二枚なので、前線の選手をそこまで下げなくても守れるし、ボールロストしてもボランチがすぐに奪い返せる可能性が高い。フォーメーションの良し悪しは、どうやら頭で考えるよりも、実際に試して判断するしかないようだ。


清武の1G1Aで勝利。当然MOMも彼。中盤の選手は特に、チームに馴染むまでにかなり時間がかかるようだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます