2013年11月21日木曜日

23. チェルシー、審判Webbの野望

23戦目はチェルシー。ここは今季の世界王者だが、プレミアでは四位だ。不調の原因はターンオーバーの失敗にあるらしく、この試合にもファルカオとアザールがコンディション80パー台で出てきている。

前半、圧倒的に攻められるも、ヘンリックのセーブでつなぎ、後半勝負に持ち込む。この時点でうちがかなり有利だ。


しかし、71分、ミニョーがインターセプトしたボールを不用意に中央に流し、これをファルカオに渡してしまう。


これに驚いたヘンリックは飛び出すが、ファルカオ相手に手を使うことを忘れていたらしく、あっけなく失点。

がしかし、79分には、連戦で疲れていたそのファルカオが負傷退場し、交代枠を使いきっていた相手はFWなしで戦うことになる。


81分、右ウィングとして起用していたヒメネスのクロスにオースティンが合わせ同点とする。オースティンはきつく競りにいかないのが気に食わないが、簡単ゴールを決めるという最低限の仕事はしてくれる。

こうなると、敵の体力もないことだし、超攻撃的にして攻める。


すると88分、敵ゴール前の混戦からPKをもらい、これをボッティネリが決めて2-1。逆転に成功する。審判はWebb。こいつ、これで前回の帳尻を合わせたつもりなのか。


92分、オスカルのシュートをヘンリックが弾いてしまい、これをマタに詰められて失点。同点にされる。


同じく92分、敵ゴール前の混戦からオースティンが倒されて、またもやPKをもらう。3-2となる。ぼくにはこのプレイ、オースティン自分からルイスにあたってコケたようにしか見えませんでした。審判乙。


シュート四本で三点…。これはノリッジ戦の逆パターンだ。いやもうむちゃくちゃ。89分以降に三点入ってるし。


ことここに至っては、Webbの成績を貼り付けておくしかない。こいつ、うちの試合のジャッジでは低い点しか出していない。サンダーランド戦とエヴァートン戦は8以上だったが、そのほかは6.9、4.2、6.3、そして今回が6.8だ。うちに不利なジャッジばかりするわけではないが、これが審判だと試合に集中できない。エディットで消したりできないものか。

が、よく見ると、Webbは先月から週二日で試合に出ている。これ、過労だろ。漫画『サッカーの憂鬱』を読むと、審判は重労働みたいだから週一回くらいしか働けないはずだぞ。審判の過労でジャッジの質が下がったりしてるのだろうか、このゲームは。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます