2013年11月6日水曜日

12. エヴァートン

CL四戦目のシャルケには1-0で勝利。チャンピオンズリーグにしてはゆっくりした展開で、とても楽に戦えた。やはりアーセナル戦はそうとうにきつかった。シャルケもヨーロッパの強豪だが、プレスの寄せの速さや、ボール持ってからの動きの素早さなんかがガナーズとはぜんぜん違う。

この試合、まだ日本代表の監督をしているザッケローニが内田を見に来ていた。内田の評価点は6.8。FMでの彼の能力はもっと高くていい。

四戦負けなしで、チャンピオンズリーグはグループリーグ突破が決まった。これでプレミアに専念できる。

11戦目はニューカッスル。下位相手に対し、2-0で勝利。

12戦目はエヴァートン。4-2-3-1に対し、4-1-2-1-2で挑む。


11分、ゴール前の混戦から失点。0-1。

前半、エヴァートンの圧倒的な優勢の時間が続くが、スコアは動かない。一方、シェフィールドは逆転を信じていた。というのも、相手の疲労の色が自分たちより濃かったからだ。


62分、オースティンが放ったシュートをキーパーが弾き、ボールがストラクルルシの前に転がる。彼がこれを落ち着いて決めて1-1。ようやく同点となる。


67分、ヒメネスのコーナーキックに生成選手のBrkovicがスライディングに合わせ、2-1。ついに逆転する。Brkovicは公式戦初ゴール。


74分、Gibsonからパスを受けるVelliosにCaruzzoがプレスにいくが、難なくかわされて突破される。ドリブルで自陣エリナ内まで進んだVelliosをCaruzzoが倒してPKを献上。PKは、いったんヘンリックが弾くが、つめられて失点。2-2となる。


86分、相手コーナーを弾いてカウンターとなり、ヒメネスのパスを受けたVachaがキーパーを交わしてボールごとゴールに突っ込む。3-2となり、二度こちらのリード。


先制され、追いつき、いったん逆転したものの再び同点にされ、さらに突き放した。こういう展開だと、攻撃力に勝るうちが有利だ。こんな面白いを試合をしたら、負けた敵のサポーターも満足だろう。


MOMは2アシストを決めたヒメネス。うちのAMC三人、プットシラ、ボッティネリ、ヒメネスは、みなコーナーやフリーキックがうまくて、決定的なパスを出せる。三人ともじつによく似た能力値を持っていて、CAもみなほとんど同じ(137-139)。じつは、一月に清武も加わるのだが、はてどう使うか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます