2013年11月18日月曜日

20.リヴァプール、21.サンダーランド

19戦目はトッテナム。1-0で勝利。いままで勝てたことのない相手だったが、最近三試合はすべて引き分け。今回は支配率こそ負けたものの、シュート数で上回った。81分に敵のミスから先制した後、86分にも点を入れたが、これは誤審で取り消された。それを抜きにしても、一点しか取れなかったのは、パスミスが多かったチャーリー・オースティンのせいだ。

20戦目はリヴァプール。負けるという神のお告げがしたので、若手を中心に起用して捨て試合のつもりで臨む。すると、相手は16本のシュートをうち、こちらは2本にもかかわらず、うちの勝利。


このセーブでは、諦めて若手を起用した試合でこういう展開が多い。普通ないだろ。


MOMは生成選手で18歳のMlakarだった。

さて、プレミアは前半戦が終わり、後半戦に突入。

21戦目はサンダーランド。4-4-2に対し3-5-2。


9分、右サイドでボールを持ったCuadradoがドリブルで二人抜き、シュート。これはキーパーに弾かれるも、それをストラクルルシが詰めて先制する。


サイドの選手は今まで無駄にクロスを上げるだけだったのに、Cuadradoはドリブルで仕掛け、チャンスを演出した。これは偉大なプレイだ。

そのあと、ストラクルルシがさらに得点し、2-0で勝利。


21節終わり、負けなしで、首位だ。今季はいつもよりストラクルルシの活躍が素晴らしい。FM2014を買ったら、アルゼンチンリーグでストラクルルシを大活躍させてみようと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます