2013年11月19日火曜日

2014-15年度後半戦メンバー、22.ノリッジ、審判Webb再び

2014-15年度後半戦メンバーが固まった。


新規加入はDMのCrosas、左ウィングのInce、清武の三人だけだが、不要人員も整理した。それでも人数超過なので、プレミアに登録できないメンバーはCLに登録することで出場数を稼がせる方針。8.5M£でストークから買ったInceは貴重な国内育成選手。

待望の日本人選手、清武にはクラブ最高移籍額となる23.5M£をニュルンベルグに支払った。ニュルンはタケをセレッソから875Kで買ったので、大儲けだ。というか、いまドイツ二部にいるニュルンの評価額は39.5M£なんだが、これってうちからふんだくった金がほとんどじゃねーか。清武の像でも立てておけおまえら。

22戦目はノリッジ。4-1-2-1-2に対し、3-5-2で挑む。


27分、Caruzzoのプレイが相手にPKを与え、Holtに決められて失点。


39分、こちらのコーナーにReidが頭で合わせたが、これはポストに弾かれ、ファーにいたKoutnyがこれを詰める。1-1の同点とする。


49分、ゴール前の混戦からオースティンが久々のゴール。彼は前に流れてきたボールを詰めるだけでよかった。これで2-1となり、逆転。

ところが56分、今度はKoutnyがPKを与えてしまい、2-2の同点となる。相手のシュートはPKの二本だけ。これPKを与えたWebb審判をあとで抹殺しないといけない。


85分、ヒメネスの浮かしたパスを頭でうまくトラップしたオースティンはゴール前で一対一。このあとキーパーをうまく交わして決めて3-2、再び逆転する。今までパッとしなかったオースティン、これは技ありのプレイだった。


前回対戦した時は五分五分だったが、今回は内容的には圧倒していた。

Caruzzoは評価点5.3だったので二週間の給料なしにしたが、審判Webbはこの試合の評価点4.2をもらっていた。こいつ、開幕戦のサンダーランドのときもやらかしてくれたし、二部にいたときから、何か問題があるとこいつがジャッジしている印象がある。FM2014では審判が首になる新要素はないのか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます