2015年9月17日木曜日

プレミアの隆盛と今後

CLでプレミアが勝てないということが海外サッカー好きの間では度々話題になる。今週あったCLでもマンチェスター勢が仲良く負けていた。イングランド勢が負け続けると今後CL枠削減もある。もっとも、いくら早くても2017/18年度以降らしいけれど。

FMではどうだろうか? 一応主要リーグ入れて10年弱プレイしてみると、プレミアはリーグ順位はずっと欧州で一位で、枠削減はなかった。


それどころか、2015年でいきなりプレミア勢同士の決勝が実現され、そのあともまずまずの成績を収めている。ちなみに、シティの優勝はなし。


2023/24年度のCL準準決勝ではなんとプレミア勢が8チームうち5チームという異様な状況になった。時間がたつごとにプレミアに金が集まり、強くなっていっている。


欧州のリッチクラブの順位。10位までに7つイングランドのチームが入っている。もうやりたい放題である。

ちなみに、このセーブで、管理人はスペインのクラブでプレイしている。スペインも2016/17シーズンから放映権料が分割して配布されるようになり、下位のクラブもそこそこお金が入るようになった。これで確実にリーガは強化されたのだが、それ以上にプレミアに金が集まっている。

FMはイギリス製なので、イングランド代表が異様に強かったりする欠点があるのだが、それはイングランド人の能力を相当甘めに査定しているからである。けれども、FM内でプレミアがこれだけ金集めて強くなるというのは、その欠点とは関係ない。単純に各クラブのファイナンスのシミュレーションの結果こうなっている。

まあとはいえ、FM内では選手の移籍金がリアルほど高くなっていない。FMではリアルみたいに100Mユーロだのポンドだのの移籍金をぽんぽん出していたら破産するようになっている。リアルでは高騰する選手の移籍金がクラブの経営を圧迫しているので、プレミアからお金が流出し続けるかもしれない。選手登録や労働許可証獲得の基準もきつくなるので、リアルではゲーム内ほどにはプレミアの独走状態にはなっていかないだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます