2015年8月1日土曜日

6-5の試合

オーストリアリーグでプレイするのやめたあと、ロシアでちょっとプレイしてみた。すると、ロシア一部で6-5という試合が生まれた。


これがその試合のハイライト。先制したものの、あとは一方的にボコられ、1-4となる。一点返して2-4でハーフタイム。後半に3点続けて返して4-4の同点にするもさらに追加点を入れられ、4-5。ところがここからさらに二点いれて追いつき逆転。6-5のスコアとなった。この試合、前半終了時点二点差をひっくり返したから実績を解除したが、その実績も薄れるような濃い試合だった。

練習試合とか、CLやELで弱いチームと対戦するときなどにかなりの大量得点で勝つことはある。しかし、両チーム同じくらい点を入れて合計11点入る試合というのは、長らくFMをプレイしてきてはじめてだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます