2013年12月9日月曜日

29. アーセナル

FAカップ四回戦があって、バーンリーと対戦した。5-1で勝利。バーンリーはプレミア16位にいる。バーンリーとは去年一緒にプレミアに上がったこともあり、ちょっとライバル視してきたが、それも終わりだ。チャーリー・オースティンがいないバーンリーに負けることは今後ないだろう。

プレミア28節目はQPR。次がアーセナル戦ってことを考慮してサブで臨んだら、0-0の引き分け。ようやくアジアカップから復帰した清武も使ったが、連携がなってないのか、イージーなパスミスを連発してくれた。

29節目はガナーズ。4-3-3ウィングでくるかと思ったら、4-2-3-1密集でこられたので、こちらの4-2-3-1とかぶったフォメに。ピッチ上で、どこか有利な場所を作らないと自力で負けているだけにつらい。


と思っていたら5分、さっそくジルーの個人技から失点。DF三人背負いながらシュート打たれて決められた。


29分、Crosasとウィルシャーが交差。ここで主審はウィルシャーにレッドカードを出す。どう見ても、そんなにひどいラフプレイっぽくないが・・・。試合後、これはおかしいだろ、とアーセナル側は思っているようだった。ま、ファウルかどうかも怪しいのに、一発退場ってのは明らかにおかしいわな。


さて、このあとのフリーキックの流れから、クアドラードがミドルシュート。キーパーが弾いたとこををオースィテンがつめ、同点とする。

このあとも、一人少なくなった相手に攻めるシェフィールド。だがなかなか決められない。


ついに86分、VachaがあげたコーナーにReidが合わせて2-1。ようやく逆転する。久々にコーナーからの得点が決まった。しかも大事な場面で。


アーセナル相手に貴重な勝利。これはちょっとラッキーだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます