2014年4月22日火曜日

5サンフレッチェ、清水、6川崎

J1五節はアウェイでサンフレッチェ相手。4-3-3ウィングに対し、4-2-3-1。

まあ負けるだろうと思っていたら、意外にも先制したのはこちらだった。


5分、中央でボールをうまくトラップして前に運んだ津田がシュートを決める。津田は最近調子がいいので起用していたらこれだ。

10分にはPKをもらい、これをチェが決める。あれ、これって前節とまったく同じ展開じゃね? 一度あることは二度あるのか。2-0とする。


そのあと、一点返されたが2-1で勝利。広島はメディア予想四位の強豪なのに、しかもアウェイでこの勝利。さすがにこれ、徳島の選手の能力値が高すぎるんじゃないかな。勝ちすぎだ。

J1では五節終わってなんと二位につけている。


========================================


次はナビスコ杯。アウェイで清水。フォメは以下のとおり。


56分にコーナーから失点。オウンゴールだった。


88分、ゴール前に流れてきたボールをダグラスが左足でちょんと押し込んでゴール。しょうもないゴールだが一点だ。



結局1-1の同点で終わり。MOMはレッズよりレンタルできている小島秀仁


========================================


J1六節は川崎。フォメは前の試合と同じく、相手4-2-3-1、こちら4-1-2-1-2。

43分に青山、46分にダグラスが得点。どっちもミドルだった。

78分にはダグラスがこの試合二点目を入れて3-0とする。82分にはドミンゲスがさらに追加点を入れた。


ポゼッションが低いのはカウンター戦術だったから。シュート数では14-5と圧倒。相手の5本のシュートは全部枠外だった。

MOMはダグラス。


========================================

六節終わったJ1の順位表。


首位が仙台、二位が徳島。これに対し、川崎、新潟、清水が降格圏にいる。うーん、やっぱこれ、選手の能力値設定が不正確でばらつきがあるな。でないといくらコンピュータ弱いっつても、徳島がこんなに勝てないだろう。

****************************************
データ消失によりこのセーブゲームは続行不可能となりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます