2013年4月1日月曜日

各国のレギュレーション 登録可能な選手の制限編

国によって、というか精確にはリーグによって、登録可能な選手の制限がある。

ドイツみたいに外国人選手枠がない国もあるが、多くの国では外国人選手の数に制限がある。

ただし、ヨーロッパでは、EU国籍をもつ選手は国内選手として扱われる。

ただし、イギリスでは、ルーマニア籍とブルガリア籍はEU外として扱われ、労働許可証が必要になる(FM2013限定)。

フランスやスペインではコトヌー協定加入国、つまりACP諸国、アフリカやカリブ諸国の多くが自国内選手として扱われる。例えば、ガイアナ、スリナムの選手はOKだが、ペルーは外国籍になる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます