2013年6月5日水曜日

ボランチ二人タイプの4-2-3-1対策


ボランチ二人タイプの4-2-3-1、これは2013年の時点で、世界でもっとも標準的なフォーメーションとなっている。これはとてもバランスのとれたフォメで、ある意味、さまざまなフォメの歴史の結果生まれた、究極の一つのフォメだと言えるかもしれない。よって、これに有効なフォメはあまりない。


上のフォメは、ボランチ二人タイプの4-2-3-1に対して、そこそこ有効なフォメだ。狙いは、相手のボランチで、これをAMF三人のプレスで潰してしまおうという考えだ。こぼれ球をこちらのボランチが拾う。攻撃時には、両SBがWBとして攻撃に参加する。ショートパスでもいいし、ロングでFWに当てたのをAMF三人の誰かが拾うのでもいい。

でも実際のFMでは上のようなフォメをトレーニングして使う機会があんまりないので、4-2-3-1には同じ4-2-3-1で対処してもいい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます